歩くミラクル

歩いて生きたい人間の備忘録

糸島を自転車で巡る


福岡に住んでもう何年にもなるのに、糸島の地を踏んだことがないと気が付いた。


最近こちらの糸島推しっぷりは凄まじく、テレビをつけたらタレントがしょっちゅう糸島に行っている。

周りの友人も「糸島はいいところだよ〜〜」と言う。

ということで、糸島に行ってみるか!と思い立った。

ちなみに私は車がないし免許もないので、自転車を借りることにした。インターネットによると糸島でレンタルサイクルをしているらしい。


自転車って、徒歩ほど疲れず、車ほど閉じ込められず、素晴らしい乗り物だと思うのは私だけだろうか……。




さて、まずは地下鉄で筑前前原へ。

筑前前原は糸島中心地らしいのだが、駅では思っていたほど糸島PRが見られなかった。


駅を出てすぐの所に糸島観光協会があったので、そちらで自転車を借りる。4時間のレンタルで800円。ちなみに1時間延長で200円。

借りたのは電動アシスト自転車なのでちょっとお得感がある。

f:id:rakokoro:20170311194538j:plain


いってらっしゃいと見送られ、いざ出発!


どこに行こうかな〜〜と迷ったものの、ひとまずよく聞く夫婦岩と鳥居がある二見ヶ浦を目指すことに。


ところで私には、糸島=海のイメージが染み付いていた。

青い空と青い海と美味しい食べ物!牡蠣小屋!!といった感じ。

だがそれが的外れだったことへ気がつくのにそう時間はかからなかった。


f:id:rakokoro:20170311194825j:plain

ご覧くださいこの漕げども漕げども

メッッチャ山と長閑な田畑。

海の気配/Zero。

実はこの時全然確認してなかったけど糸島の中心地前原ってなかなか内陸。

というわけで最初は海以外の自然に囲まれてサイクリング。

30分くらい経っても海が見えて来ないし、田畑と山だし、もしかして道違う?と不安に駆られつつも漕ぎ続ける。


すると、

f:id:rakokoro:20170311200355j:plain


あっ!二見ヶ浦!!!!

私のような方向音痴人間にとって、明確に目的地が示されている看板ほど安心するものはないと実感。

これで、うお〜〜!!頑張るぞ!!!

とやる気になったのも一瞬、また続く山と田んぼ。そして途中から加わる坂道。電動アシスト自転車と言っても坂道はなかなか足にくる……。

息も切れてゼエハア言いながら漕いでいると、


f:id:rakokoro:20170321182910j:plain


あぁぁあ海〜〜!!!!

色が違う……濃い青と水色と砂色してる……!!しかもご覧の通り快晴だったのでまた風が気持ち良い。

そう!!これを求めて来たんだ!!!とヒョ〜〜〜〜 (     °◊°   )!なんて言いながら漕ぎ続ける。

すれ違う自転車が軒並みロードバイクでも気にならない!自転車置き場が自転車置き場じゃなくてロードバイク置き場でも気にならない!!自転車で風を感じる、この瞬間を求めて私は糸島まで来たのだ。あの瞬間の私は無敵だった。

そのまま心地よい気持ちで二見ヶ浦へ。

f:id:rakokoro:20170321183313j:plain

本当に夫婦岩と白い鳥居だ!

休日ということもありなかなかの人だかり。皆写真を撮りまくっていた。よく見る写真は夕日と二見ヶ浦のショットだけど、こんなところに奥から橙の光が差し込んだら、そりゃー綺麗だろうなぁと。

今回はレンタルサイクリングだから夕日見られないけど、いつか車を出せたら見てみたいな…。


そしてこの二見ヶ浦からまた自転車で50分ほどかけて、今度は芥屋の大戸へ。

f:id:rakokoro:20170321183610j:plain

……うまく言えないけど、岩と断崖絶壁!

ちなみにここは公園ぽくなっていて、展望台もあった。

その展望台へ向かう道がこれだ。f:id:rakokoro:20170321183810j:plain

トトロ!あなたトトロっていうのね!!!

と脳内にメイちゃんを召喚してしまうほどのジブリ感。

(ちなみに登っていると上で立ち尽くすおじさんと会ったのでトトロの擬人化かと思った)


結構急斜面だし整備されてないから、靴の裏にゴリゴリ木の根っこと岩があたって足ツボマッサージナチュラルテイストだったけど、それを乗り越えた先の眺めは最高。


f:id:rakokoro:20170321185027j:plain


キラキラ輝く水面、爽やかな風、心地よい葉擦れの音……ああ…糸島……。

今までの疲労が全部吹き飛んでいくような美しい景色!

いや〜〜幸せだな〜〜。


さて、ここから帰路につくわけで。

ここから観光協会まで1時間かかった。。久々に膝が痛くなった。

漕いでも漕いでも街につかない現象を乗り越えて、5分だけ予定時刻を過ぎて到着。


延長料金……と思ったら、5分なら大丈夫ですよ〜〜とお姉さん。

お姉さん〜〜。゚(゚´ω`゚)゚。。゚(゚´ω`゚)゚。ありがとうございます!



無事返却して、帰りの電車はぐっすりスヤスヤ!!かなり漕いだのでさぞかし痩せたのではなかろうか。



今回の糸島サイクリングでわかったことは、

二見ヶ浦と芥屋の大戸は4時間で行ける(だがかなりきつい)

②夕日はサイクリングだと見るのは難しい

③車じゃないとカフェは厳しい

④晴れた日の糸島は最高!


ってことだった。

あと、余談だけど芥屋の大戸付近に猫がいてすごく可愛かった。

f:id:rakokoro:20170321194118j:plain


今度は車で向かいたいな。